用途にあったおしりふきを探そう【種類をチェック】

肌に優しいものを選択

用途に合わせて選択

ウェットティッシュ

赤ちゃんが生れると、オムツの次に消耗するアイテムとしておしりふきが挙げられます。
おしりふきはオムツを交換する際に利用するほかに、床を汚してしまったときやそれ以外の用途としても大活躍するものです。
新生児の時期はお腹が緩く、おしりふきを使用する回数はとても多くなります。
このため、通販で購入する際には、赤ちゃんの肌に合う素材を探すことが大切になります。
赤ちゃん向けの商品だからどれも安心かというと、そうではなくそれぞれの肌によって合うおしりふきとそうではないものがあるのです。
実際に使用してみて肌がかぶれないものを使用することが、赤ちゃんにとって最も大切だといえます。
おしりふきを通販で購入するメリットは何といっても、自宅まで届けてくれる点にあります。
水分を多く含んでいるおしりふきは、1パックだけだとそれ程の重さを感じませんが、複数個まとまるとかなりの重さになります。
赤ちゃんを抱えてのお買い物はとても大変であるため、自宅に届けてもらえる通販は育児の助けになります。
また、定期購入を申し込んでおくと買い忘れることもなく、いつでも安心です。
新生児期から一歳になるまでは、赤ちゃんに手がかかることから、買い物に行くことがとても困難な人が多い傾向です。
こうした場合に、おしりふきを通販で購入して少しでも育児の負担を軽減することはとても重要なのです。
通販で購入できるおしりふきには様々な種類があるため、肌に合うことや用途に合わせて選択することをおすすめします。

どんな種類があるのか

赤ん坊

おしりふきは赤ちゃんのおしりを拭く、使い捨てのウエットティッシュです。
今は様々な種類が販売されており、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。
そこでおしりふきを選ぶ時のポイントを紹介したいと思います。
赤ちゃんは生まれたその日からうんちをします。
また、特に新生児のうちは一日に何度も排便があるので使う頻度は多くなります。
そこで一番に気をつけたいことは、新生児から使える刺激の少ないものを選ぶことです。
成分はパッケージをみれば確認できますし、パラペンフリーやノンアルコールと書かれたものもあるので目安にするといいでしょう。
厚みや形状も大切です。
おしりについたうんちをスムーズに拭きとりたい方は、波型を選ぶとうんちを綺麗に絡め取ってくれます。
また厚みがあれば取りかえる時に手につく心配が少なくなりますし、使う枚数も少なくて済むので結局節約に繋がります。
さらに、おしりふきの水分量も大切です。
時間が経ったうんちはおしりにこびりついて取れにくくなってしまうことがあります。
そうすると水分の少ないおしりふきだと何度も拭くことになってしまい、赤ちゃんのデリケートな肌を傷めてしまう可能性もあります。
したがって、たっぷりと水分を含んでいるおしりふきを選ぶのがポイントです。
また、購入する時はたくさん入ったセットで買うとお得になることが多いです。
毎日必ず使うものなので、買える時にまとめて買っておくのが上手な買い方と言えます。

赤ちゃんの肌を考えて

ファミリー

赤ちゃんの肌は大人より何倍も繊細なので、赤ちゃんの肌に直接触れるものに関しては、一人一人に合った製品を選ぶことが大切です。
赤ちゃんの肌に直接触れるものには、肌着、靴下、おむつなどがありますが、毎日使うおしりふきも選ぶ際に赤ちゃんに合ったものを使う必要があります。
一口におしりふきと言っても種類がたくさんあり、水分をとても多く含んだもの、オイルが含まれているもの、厚手のものや薄手のもの、柔らかさにこだわったもの、トイレに流せるものなど様々ですが、多くのおしりふきはノンアルコールというのが共通しています。
実に沢山の種類があり、初めて赤ちゃんに選ぶ時には悩んでしまう場合もあります。
まずはそれぞれの特徴を知り、目的に沿って選んでいくことが大切です。
例えば、何度もお尻をおしりふきで拭いてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。
それを防ぐためにはベビーオイルが配合されたものを使うと、何度も拭かなくても汚れが落ちやすく、肌へのダメージも少なくなります。
また、薄手のものだと何枚も使ってしまいがちですが、厚手のものだと少ない枚数で済むのでとても人気があります。
最近では柔らかさにこだわったものも多く、カシミヤのような肌触りのものもあります。
硬くて肌触りが悪いとお尻を拭く際に不快で赤ちゃんが泣いてしまう場合もあります。
柔らかさも選ぶ際の基準として大切です。
外出の際にはトイレに流せるタイプのものを持っていけば、万が一捨てる場所がなかった時でも処分するのに困りません。
赤ちゃんに合ったおしりふきを選ぶのも重要ですが、使う際のシチュエーションも想像することも選ぶ基準として重要です。

お肌に優しいものを

赤ちゃん

赤ちゃんのおしりふき用商品を購入する際は、ノンアルコールで無香料である事を確認しましょう。成分のほとんどが水ですが、商品を長持ちさせる為に安息香酸やEDTA-2Naという成分が含まれている場合があります。もしお肌に刺激があるようでしたら、使用を控えるようにしましょう。

もっと読む

肌に合った製品を使う

ママと赤ちゃん

赤ちゃんのオムツ交換の際に、おしりふきは便利なアイテムです。おしりふきには、厚みや成分など様々な種類があります。赤ちゃんは1日に何度もオムツ交換をしなければいけません。そのため、自分の赤ちゃんの肌や体質に合うおしりふきを選ぶ事が大切です。

もっと読む

肌の弱い赤ちゃんに

赤ちゃん

市販のおしりふきは便利ですが、赤ちゃんの肌に合わないとかぶれてしまうこともあります。手作りおしりふきは、コットンとぬるま湯や水で作ることができるので、肌に優しく、食事中の汚れやお手拭きなどの代用もできます。

もっと読む