用途にあったおしりふきを探そう【種類をチェック】

肌に合った製品を使う

1日に何度も使用します

ママと赤ちゃん

おしりふきは、赤ちゃんのオムツ交換の際に非常に便利な製品です。
赤ちゃんは1日中オムツを履いています。
ウンチやおしっこが綺麗に拭き取れていないと、オムツかぶれを起こしてしまいます。
おしりふきを使えば、赤ちゃんの柔らかな肌に負担なく、優しく汚れを拭き取る事ができます。
おしりふきには様々な種類があります。
厚手のものや水分を多く含んだものなど色々な特色があります。
また、アルコールを含んだものもあります。
それぞれの製品によって、使われている成分にも違いがあります。
そのため、赤ちゃんにどんな種類のおしりふきが合うのかを考えて使用する必要があります。
それぞれのメーカーが赤ちゃんの肌に良く、オムツ交換をする方が使いやすいおしりふきを考えて作っています。
各々の製品にどんな特徴があるのか、購入する前に調べてみるのも良いです。
赤ちゃんはそれぞれ体質や肌の強さが違います。
そのため、口コミや周りのお母さん方に評価の高い製品が、必ずしも自分の赤ちゃんに合うとは限りません。
自分の赤ちゃんの様子をよく見極める事が大切です。
使ってみて肌や体質に合うものが、自分の赤ちゃんにとって一番良いおしりふきなのです。
赤ちゃんは1日に何度もオムツ交換をする必要があります。
その度に、おしりふきを使う事になります。
毎日、何度も使うものだからこそ、よく吟味する事が大切です。
肌に合うおしりふきを選べば、赤ちゃんは気持ち良く毎日を過ごす事ができます。

おむつ交換の際に

ベビー

赤ちゃんが生まれてお世話をする際、必要なものとして思い付くのがまずミルク、そしてオムツ、このあたりだろうが、案外重要なのがおしりふきである。
私が出産した際は、産院からコットンを湿らせ、裂いて使用するよう指示された。
しかし、産後1ヶ月を過ぎたあたりから市販のおしりふきを使用するようになった。
たくさんの種類があるため選ぶのに悩むところだが、使用し始めると大変便利で、おむつ交換の際にはなくてはならないものとなった。
おしりふきには水に流せるものとそうでないものがある。
新生児から離乳食中期あたりまでは軟便であることが多く、そのままおむつに包んで処分することが多いため、後者を使用するママが多いだろう。
私は娘のトイレトレーニングを開始して初めて水に流せるタイプを使用することとなった。
水に流せるものは、そうでないものと比べてやや割高となっている。
しかし、トイレトレーニングを開始するとトイレで大便をすることになり、そのままおしりを拭いて水に流せるものが重宝する。
子どもの成長やライフスタイルに合わせて、水に流せるものとそうでないものを使い分けるといいだろう。
また、おしりふきはドラッグストアやスーパー、百均など様々な場所で様々なものを売っている。
乳幼児がいれば毎日使うもので、少しでも安いものを求めるのが主婦の心理であろう。
安いものは結局何枚も重ねて使用することとなるので、厚手のタイプがコストパフォーマンスが良いといえる。
金額よりも子どもの肌を優先することは言うまでもないが、少しでも品質の高い安い商品を探してみよう。

成分や香りの特徴とは

おしゃぶり

赤ちゃん用のおしりふきは、1パックに100枚程度入っている商品がほとんどです。
一般的なウエットティッシュと同様に、取り出し口はシールでふたをすることができるので、使用後すぐにシールで密閉をすることを心がけておけば、途中で乾いてしまうことなく、最後まで使用することができます。
よりしっかり密閉したい場合には、おしりふきの取り出し口に装着できる開閉式のふたを利用するのもおすすめです。
赤ちゃん用のおしりふきの特徴は、普通のウエットティッシュと違い、アルコールが含まれておらず、水など刺激の少ない成分が多いという点です。
そのため、アルコールの強いウエットティッシュを使うと皮膚がかぶれてしまう人は、おしりふきを代用品として使用するのがいいでしょう。
おしりふきという名前ですが、全身のどこをふいても問題がないので、手足や顔に使用することもできます。
おしりふきは、刺激の少ない成分でできているので、においがほとんどしないという特徴もあります。
汗を拭きとるフェイシャルシートやボディシートは、清涼感のある香りが強いものが多いので、香りが苦手な人は、おしりふきを汗ふきシートとして使ってみることもおすすめです。
おしりふきは、ある程度の厚みがあるので、家具や床などの拭き掃除にも使うことができます。
絞った雑巾よりも、水が残らないので、家電に付いた部分的な汚れやほこりを落とすのにもおすすめです。
おしりふきは、ドラッグストアなどで安く購入できるので、よく使う人は、ケースで購入しておくのがいいでしょう。

お肌に優しいものを

赤ちゃん

赤ちゃんのおしりふき用商品を購入する際は、ノンアルコールで無香料である事を確認しましょう。成分のほとんどが水ですが、商品を長持ちさせる為に安息香酸やEDTA-2Naという成分が含まれている場合があります。もしお肌に刺激があるようでしたら、使用を控えるようにしましょう。

もっと読む

肌に合った製品を使う

ママと赤ちゃん

赤ちゃんのオムツ交換の際に、おしりふきは便利なアイテムです。おしりふきには、厚みや成分など様々な種類があります。赤ちゃんは1日に何度もオムツ交換をしなければいけません。そのため、自分の赤ちゃんの肌や体質に合うおしりふきを選ぶ事が大切です。

もっと読む

肌の弱い赤ちゃんに

赤ちゃん

市販のおしりふきは便利ですが、赤ちゃんの肌に合わないとかぶれてしまうこともあります。手作りおしりふきは、コットンとぬるま湯や水で作ることができるので、肌に優しく、食事中の汚れやお手拭きなどの代用もできます。

もっと読む