用途にあったおしりふきを探そう【種類をチェック】

お肌に優しいものを

無刺激のものを使う

赤ちゃん

赤ちゃんを育てていくに当たって、毎日何回も行うことがオシメを交換する時のおしりふきです。
赤ちゃんのおしりふきは、とても気を使って対応する必要があります。
赤ちゃんのお肌は非常にデリケートですので、おしりふきの際は優しく抑えるようにふき取る事が大事です。
決して、強くこするような事は避けましょう。
また、おしりふき用商品に含まれている成分にも注意が必要です。
おしりふき用商品表示を見て、成分のほとんどが水である事、そして無香料でノンアルコールである事もチェックしましょう。
もし香料やアルコール類が含まれておりますと、赤ちゃんのお肌に刺激を与えてしまい、お肌が赤く腫れたり痛みを感じるようになってしまいます。
また、お肌の保湿を保つためにヒアルロン酸が含まれている商品もあります。
この成分は、刺激がほとんど無い為安心して使用して良いです。
おしりふき用商品を長持ちさせる為に、安息香酸という成分が含まれている場合があります。
これは、厚生省によって表示指定成分となっております。
こちらも赤ちゃんへの影響はほとんどありません。
まれにアレルギーを引き起こす事もありますので、注意しておく必要はあります。
その他にも、EDTA-2Naという成分が含まれている商品が多く見られます。
この成分は、酸化防止効果の他にも殺菌防腐剤として有効であります。
赤ちゃんのお肌に刺激を与える可能性がありますので、使用を開始してお肌が赤くなるようでしたら、使用を控えた方が良いでしょう。

多数の種類がある

ベイビー

赤ちゃんのおしりを清潔に保つために役立つのがおしりふきです。
近年では、様々な種類のおしりふきが発売されており、一昔前と比べて、「おしりふきを選ぶ楽しみ」も増えました。
おしりふきには、厚手のタイプのものや乳液タイプのもの、トイレにそのまま流せるタイプのものなど、実に様々なタイプのものがあります。
「赤ちゃんのおしりをふくだけなのだから、細かいことまで気にする必要はない」という意見もあるかもしれません。
ですが、おしりをふくだけだからこそ、細かい部分で差がつくのです。
また、おしりふきの中には、「うんちのやわらかさ」に対応したタイプのものもあります。
例えば、生まれたての赤ちゃんに多い「やわらかうんち」用のおしりふきもあります。
新生児のうんちというのは形状が定まっていないので、「ゆるゆるのやわらかうんち」になりがちです。
そのようなうんちに対応するために、おしりふき自体が分厚く、伸びにくいつくりになっているのです。
おしりふきを試してみて合わなかったら、他の種類のものを試してみましょう。
いろいろな種類のおしりふきを試していくうちに、ベストなものに辿り着くはずです。
何事も、実際に試してみなければわかりません。
赤ちゃんの肌、とりわけ新生児の肌というのは非常に敏感なので、出来るだけ刺激が少ないものを選ぶように努めることが大切です。
おしりふきは消耗品なので、低刺激かつリーズナブルな価格のものを選ぶようにしましょう。

こまめに補充しながら

お尻ふき

赤ちゃんは1日に何度も排泄をするので、そのたびに保護者はおむつを交換しなければなりません。
もちろん交換の際には、お尻に付着した便などをしっかりと拭き取る必要があるのですが、おしりふきを使用すると、この作業がスムーズに進みます。
なぜならおしりふきは、肌触りの良い柔らかなペーパーに、適度に水分を含ませることで作られているからです。
そのため赤ちゃんの肌に過度な刺激を与えることなく、優しく汚れを拭き取ることができます。
ただし水分で潤っているからこそ、おしりふきはひんやりとしています。
したがってそのままの状態で使用すると、冷たさに赤ちゃんが驚いて泣くことがありますし、最悪の場合はおむつ交換を拒否するようになります。
そのためおしりふきは、ウォーマーで温めてから使用する必要があります。
ウォーマーとは、おしりふきを数十枚まとめて入れて温めることができる機器です。
自由に温度設定ができ、赤ちゃんの好みや肌質、季節ごとの気温の変化に合わせて使用できます。
赤ちゃんにとって快適なので、その分おむつ交換がよりスムーズに進むことになります。
ただしウォーマーのスイッチを長時間入れたままにしておくと、中のおしりふきから水分が抜けてしまうことがあります。
とはいえスイッチを切ったまま放置しておくと、おしりふきの水分によって、内部で雑菌が繁殖するリスクが高くなります。
そのためウォーマーには、少なめの枚数のおしりふきを入れるようにすることが大事です。
使い切るたびに補充すれば、乾燥や雑菌の心配は少なくなるのです。

お肌に優しいものを

赤ちゃん

赤ちゃんのおしりふき用商品を購入する際は、ノンアルコールで無香料である事を確認しましょう。成分のほとんどが水ですが、商品を長持ちさせる為に安息香酸やEDTA-2Naという成分が含まれている場合があります。もしお肌に刺激があるようでしたら、使用を控えるようにしましょう。

もっと読む

肌に合った製品を使う

ママと赤ちゃん

赤ちゃんのオムツ交換の際に、おしりふきは便利なアイテムです。おしりふきには、厚みや成分など様々な種類があります。赤ちゃんは1日に何度もオムツ交換をしなければいけません。そのため、自分の赤ちゃんの肌や体質に合うおしりふきを選ぶ事が大切です。

もっと読む

肌の弱い赤ちゃんに

赤ちゃん

市販のおしりふきは便利ですが、赤ちゃんの肌に合わないとかぶれてしまうこともあります。手作りおしりふきは、コットンとぬるま湯や水で作ることができるので、肌に優しく、食事中の汚れやお手拭きなどの代用もできます。

もっと読む